2020年4月から派遣社員でも交通費が支給されます

2020年4月1日から始まる同一労働同一賃金に伴って、派遣社員でも交通費が出るようになりました

今までは派遣社員の場合には雇用形態が違うので交通費は出さなくてもよかったのですが、同一労働同一賃金が施工されると正社員と賃金格差をなくすことを目的とされるので、交通費が支給されることになるのです。

これはうれしい限りですね!

 

 

 

実際に交通費は支給されるのか?

実際もうすでに交通費を支給している大手の派遣会社はあります。おそらく同一労働同一賃金を見越してやっていたのかもしれません。

実際に私は現在交通費が全額支給されています。

今まで交通費は月額8000円くらいかかっていたので、一日分の賃金に近いくらいの出費があったので自分の給料から出すにはかなり負担でした。
なので、それまでは自転車に乗ったりといろいろと工夫しながら経費を削っていましたが、交通費が支給されたことで遅刻することもなく公共交通機関で通うことができています。

それまでも仕事を探すときには派遣は時給はいいけど交通費は出ないし、かといってアルバイトだと時給は安いし…という悩みがずっとつきまとっていました。
それが今回の同一労働同一賃金で交通費が出るようになるので、もうそこで迷わなくてすむというのはストレスが少なくなります。

単純計算でいうと、8000円×12ヶ月=年間96000円が浮くということになるので、税金を払ったり他のことに回したりでできるのは生活も楽になります。

ただし同一労働同一賃金は雇い止めや解雇の危険性もはらんでいるので安心はしていられません。

 

 

キャッティ
ほう~これはお得だな
犬侍
同一労働同一賃金のおかげだね!
これで派遣社員の待遇が良くなってくるね
キャッティ
しかし、そうともいえないみたいだぞ
犬侍
え?デメリットもあるの?

その他の待遇は変わるのか?

同一労働同一賃金については給与や賞与・退職金やその他の待遇についても正社員と同じにして差をなくそうというのが基本姿勢ですが、まだ給与などについては正社員とすぐに同じになるというわけではないようです。

どちらかというと、正社員の待遇を派遣社員と同じにするような動きも企業で出てくることが予想されます。
その理由は派遣社員の待遇を正社員と同じにするよりも、正社員の待遇を派遣社員と同じにしたほうが経費が抑えられる可能性があるからです。

 

 

まとめ
  • 2020年4月から派遣社員にも同一労働・同一賃金で交通費が出るようになった。
  • 実施されたばかりなので、派遣会社によっては交通費がまだ出てないところがあればきちんと内容を伝えよう。